• トップ /
  • インプラントの怖いリスク

治療後のインプラントケア

インプラントの怖いリスク

インプラントのメンテナンス

インプラントは歯を失ってしまっても、人工の根っこと人工歯によって再び自分の歯と同じように物をかむことができるようになります。入れ歯や差し歯などと比べると健康保険が適用されないという理由もあってインプラントにかかる費用は高額になってしまいますが、失った歯を再び取り戻すことができるので非常に効果的な治療法といえるでしょう。大切に使っていけば人工歯ですから虫歯になる心配もありませんし、普通に歯を磨くことができるので、入れ歯のように口臭などを気にする必要もありません。しかしインプラントにはとても大きなリスクがあるのです。大切に扱えば一生利用することができるのですが、一定期間ごとにしっかりとメンテナンスをしなければ、歯茎が溶けてしまうなどのリスクが発生してしまうのです。インプラントは人工物を身体に埋め込むという手法ですから、どうしても身体が異物と判断してしまうリスクがあるのです。ですから一定期間ごとにメンテナンスをしなければ、せっかくのインプラントがぐらついてしまったり、時には抜けてしまうというリスクが発生してしまう可能性があります。ですから必ず一定期間ごとにメンテナンスをしましょう。そうすれば問題なくずっと使えます。

バックナンバー

↑PAGE TOP